2012年12月31日月曜日

ありがとう2012

こんにちは。

今日は12月31日、今年最後の日ですので、みなさんも新年を迎える準備をしていることと思います。

2012年・・・去年と同様、公私共にいろいろあった年です。

2月には仙北市で雪崩、北朝鮮ミサイル、熊脱走、4月3日爆弾低気圧・・・

ヒクイドリなんかもありましたねぇ(懐かしい)

・・・ま、それはいいや(笑)



あっという間に終了ですね。

ブラウブリッツ的に2012年は、どうだったのでしょう?

新しい監督、Jからの積極的な補強で、2012年は、去年よりは上位になり、Jリーグ昇格に向けて弾みをつける年であるはずでした。

結果はご覧のとおりですが、来年に繋がるシーズンになりそうですか?

社長も若手選手の育成がある程度結果が出ているとおっしゃられてましたが、どうなんでしょうね。

「2012年が躍進の基礎だった」、と数年後に言えるようになっていればいいのですが・・・



さて、新年ですが、来週早々にでも更新選手の第2弾が発表されるでしょう。

また、抜けた選手の穴を埋める、元J選手や大卒選手がぞろぞろと入団が決まってくるはず。

ああ、その前に監督もか!

さらには、サポーターカンファレンスの開催。

チャント会議やダンマク作成などやっているとあっという間に3月の開幕が来るのでしょう。





個人的には、今シーズン、サポ仲間と一緒に、西へ南へ、アウェイ応援に積極的に参加できた、楽しい年でした。

参加していないのは、琉球・長崎・讃岐・Hondalock・HOYO戦だけでした。

長浜と彦根が印象深いですね~。

サポーター仲間のみなさまには大変お世話になった年でした。

ありがとうございました&来年もよろしくお願いします!

そして来年、新しいブラウブリッツサポーターと出会えるのが楽しみです。


来年こそ、爆発しようぜブラウブリッツ秋田!

2012年12月24日月曜日

2012ブラウブリッツ秋田ゴールシーン集!(後半戦)

では、前半戦に続いて、後半戦です。

7/15 ソニー戦 松田(1-1)

7/15 ソニー戦 松田(2-1)

8/5 HOYO戦 野本(1-0)

9/15 印刷戦 松ヶ枝(1-0)

9/23 長崎戦 今井(1-2)

9/30 HONDA戦 松田(1-0)

10/7 金沢戦 松田(1-0)

10/7 金沢戦 前山(2-0)

10/14 栃木ウーヴァ戦 松田(1-2)

10/21 讃岐戦 松田(1-2)

10/27 SAGAWA SHIGA戦 松ヶ枝(1-2)

11/11 琉球戦 富樫(1-0)

11/18 ホンダロック戦 リンタロウ(1-1)

以上です。

しかし、今シーズンのゴールで撮れていないのは、アウェイ琉球戦とアウェイHOYO戦だけ。

これは何気にすごいですよ。

来季は、全ゴール撮れればいいですね。

2012ブラウブリッツ秋田ゴールシーン集!(前半戦)

こんにちは。

年の瀬ということで、今年の振り返り第一弾!

2012年のブラウブリッツ秋田、ゴールシーンをまとめてみました。

私の動画ではカバーしきれない(画質も汚い)ため、やまみんさんの動画も拝借しつつ、載せてみます。

まずは前半戦。


3/11 琉球戦 松ヶ枝

(動画ありません)


3/18 ホンダロック戦 三好(1-0)

3/25 金沢戦 久保田1点目(1-1)

3/25 金沢戦 久保田2点目(2-1)

4/1 HONDA戦 三好(1-0)

4/15 長野戦 三好(1-1)

4/21 SAGAWA SHIGA戦 二戸(1-0)

5/3 YSCC戦 リンタロウ(1-0)

5/6 ソニー戦 松ヶ枝(1-2)

5/6 ソニー戦 松田(2-2)

5/20 武蔵野戦 松田(1-1)

6/3 MIO戦 前山(1-0)

6/9 印刷戦 川田(1-1)

6/9 印刷戦 松田(2-1)

6/9 印刷戦 松田(3-3)

6/24 栃木ウーヴァ戦 松田(1-1)

2012年12月11日火曜日

やっとやっとの準加盟

こんにちは

北朝鮮に憤りを感じる、lilybellです。


さて、ブラウブリッツはやっと準加盟申請を完了しました。

今日、知事のところに準加盟申請の挨拶をし、会見も開いたようです(内容はわかりません)。

・・・

準加盟しますと言っては、やっぱり無理でしたの繰り返し。

この事態に、「準加盟やるやる詐欺」と言われていたAFC。

結果は春にならないとわかりませんが、今まで申請すらできなかった状況から、ステップを進めたことは、素直に喜びたい。


来年、ブラウブリッツは大きく変わるでしょう。

ここからがスタートです。


2012年12月8日土曜日

今年のチームに思うこと:総括

こんばんは。

毎日寒いですね!
秋田はすでに真冬です。

今日は、今年のチームで思うことを書いてみたいと思います。

まず一番言いたいのは、「横山監督ありがとうございました。」

この戦力、怪我人続出、そんななかで残留を勝ち取ってくれたなと思います。



報告会で監督が「満足感がある」というのは何となくわかります。

今までとは全く違う環境の、この北東北の地で、JFLというリーグを1年間率いたというのは、かなりの苦労があったことでしょう。

予算もない、選手がいない、サポも少ない…

そんななかで1年間、切られることなく敢闘したのは、結果がどうあれ、満足感のあるものだと思います。



おそらく監督は、シーズン当初から、現有戦力を見極め、守備重視というチーム作りを決めていたはず。

今の時代、まず乱れない守備をきちんと固めないと、攻撃力だけでは生き残れない。

この時点での戦略は間違いなかったと思います。

現に、シーズン当初は、ブロックの守備から、ショートカウンターという攻撃が効いてましたし、セットプレーの得点力もありました。

予想しなかった変数は、怪我人の多さでしょう。

特に、こいつがいないとチームが変わる、主力の選手の不安定さ・・・

さらに、元々選手の数が少ない秋田なので、後半になるほど駒の数が減ってしまった。



後半は、補強でなんとか窮地をしのいだが、チームがやっとまとまりつつあったなかでのタイムアップ。

もっと、もっと、このチームを見ていたかったというのが、心に残ります。



今後は、大量に新しい選手が入ってきます。

その中でも、来年残り、監督に育ててもらった若い選手には、中心選手として頑張ってもらいたい。

特に今年のチームは、後半の粘りが印象的だった。

ブラウブリッツになってから、終盤に力が尽きるパターンがなくなったのは、数少ない収穫。

これを来年に継続してほしいものです。

2012年12月2日日曜日

シーズン終了報告パーティー

お久しぶりです。

シーズン終了報告会も終了し、ブラウブリッツ秋田はこれから本格的なストーブリーグ(監督・選手の去就)に入ります。

さて、シーズン終了報告会の概要をおくればせながらお知らせします。

・ 会費は6,000円
・ 受付では2013シーズンのサポーター会員の募集と申込みを行っていた。
・ 秋田県副知事が出席したが、スタジアムに関しての発言はなし(当日のブラウブリッツTVを観て泣いたそうです)
・ 富樫元県議会議員、工藤県議会議員も出席していた。
・ 準加盟申請は、現在、Jリーグに書類を提出しており、今年中には受理されたかどうかの連絡があるので公表できる。
・ 去る選手が多いと言うこともあり、例年に比べてチャントが多めで、にぎやかだった。
・ ビューの料理が美味しかった。

そんな感じです。






来年は選手の半分が変わり、新しいブラウブリッツ秋田になって仕切りなおしとなります。

正直、2010年からの積み上げがあまりなく、毎年のように、地盤が安定しないシーズンが続いていることに不安があります。

ただ、クラブがなくならない限り、すこしづつ前身していけば、未来が見えて来るのではないかと思っています。

続けること、大事ですね。

2012年11月23日金曜日

横山雄次監督退任

報告会を前にして、衝撃的なニュースが発表されました。

http://blaublitz.jp/whatsnew/18345.html

横山監督退任・・・

「ブラウブリッツが本気でJに行く気であれば」と、力を貸してくださった横山監督。

アウェイでバス待ちをして出迎えると、いつも「よろしくおねがいします!」と挨拶をするのが印象に残っています。

今年は、怪我人続出で主力が試合に出られない中、ただでさえ少ない選手を上手く使って残留に導いてくれた監督だと思っています。

成績が低迷(?)したのは、監督以外の要因も大きいのでは。

そもそも、三顧の礼で大宮ユースから迎えた監督は、育成型クラブとして長い目で戦力をつけていくためのピースとして、秋田に来てもらったとばかり思っていました。

私の勘違いだった?

・・・なにか、監督をスケープゴートにしてませんか?

・・・

それでも、フロントがしっかり後任探し、来季の選手獲得の仕事をこなしていると信じています。

でも、サポにはしっかり説明する機会は設けたほうがいいのではないかと思います。

2012年11月19日月曜日

今シーズン終了!

こんばんは。

ブラウブリッツ秋田は、JFL2012最終戦を宮崎小林で行い1-1で引き分け、勝ち点37で今シーズンを終えました。

この場を借りて、選手・フロント、そして1シーズン一緒に応援してくれたサポーターに感謝!

ちなみに、シーズンの成績を比較

2012 勝ち点37得点33失点41 13位

2011 勝ち点37得点38失点52 14位

得点はほぼ同じで、失点が少ない、組織的なチームになっていると感じる。

特に、今シーズンは無失点で負けるという試合は少なく、さらに得点力が伴えばもっと上にいけたと思う。

横山雄次監督は苦しい状況でよくやってくれた。

今シーズンは、主力の潜在的な不安が爆発、新戦力のケガと、2つの不幸が重なった不運のシーズン。

おまけに、既存戦力もケガだったり、戦力外だったり・・・

これ以上書くと、相当辛辣になりそうなので止めておくが、監督はほんとうにこの戦力で、大崩れせずにやってくれた。

あとは、来季に向けてフロントが頑張ってくれるものと信じよう。

さ、シーズンは終わった。

また来シーズンに向けて、サポ仲間と共に歩みを続けよう。

試合もないので、今後のブログは、サポとしての活動や、今シーズンの感想などを書いていきたいと思う。

2012年11月17日土曜日

気の抜けた闘いは許さない~ホンダロック戦

こんにちにゃ。

明日は、JFL最終節・アウェイにて宮崎県小林市でホンダロックSCとの対戦があります。

現在、ブラウブリッツ秋田の勝ち点は36・・・明日勝てば、39となる。

去年は勝ち点37でフィニッシュだったため、今年は去年以上の勝ち点で成長を数字で表して欲しい。

今年は、監督が横山雄次監督となって1年目。

監督は「秋田がJを本気で目指すなら」という条件で秋田に来てくれた。

我々サポーターとしても、アウェイでは必ず誰かが駆けつけた(ホームの試合では去年より数字を落としてしまったが)。

個人的にも、監督に「秋田は盛り上がってないな」と思われないように、アウェイに積極的に参加する等できる範囲のことはしたつもりだ(職場にバレるといい顔はされないだろうがw)。

サポ全体としても、今シーズンは「BLUE+AKITA立ち上げ」「大いなる秋田作成」「ホーム戦での各種イベント」等、新しいことをかなり始めた年だった。

そんなシーズンだったらこそ、去年より多くの勝ち点で終わりたい。

この試合には、秋田から数人、関東からは総力挙げて、宮崎に乗り込む。

今年は、アウェイでガッカリして帰ったことが多い。

最後、この交通が不便な小林の地で、サポーターに勝利のお土産を持たせて、ルンルン気分で帰して欲しい。

選手達も、この試合でブラウブリッツを卒業する選手がいる。

悔いのない試合をしてもらいたい(それは相手も同じだが)。

先週の琉球戦では、かなり攻撃の出来がよかった。

その勢いのまま、最終戦を勝って、来シーズンを迎えたいし、加えて、できるだけ高い順位でフィニッシュし各種営業活動を少しでも楽にしたいところだ。



秋田で吉報を待ってまーーーす!!!

2012年11月13日火曜日

終わりよければなんとやら~FC琉球戦

こんばんは

3月に開幕したJFL2012も、早いものでもう最終節一歩手前・・・

我々ブラウブリッツ秋田は、ホーム最終戦という最高の状況で、FC琉球から勝利を手にしました。

退団選手の発表やら、来季の体制やら、いろいろな想いが交錯する中での、一戦。

今シーズンは、開幕ダッシュには成功したものの、中盤には主力メンバーがことごとく怪我で力を発揮できない時期が続いた。

晩夏には、今井や島川が加入して、勢いが取り戻したかに思えたが、秋には4連敗。

今シーズンの意義が薄れかねないこの事態に、最後はいい試合をして、来季に臨みを繋げたいという一戦でした。


・・・


結果は、おそらく監督がやろうとしたサッカーができたと思う。

もっと点が獲れたと思うが、獲れなかったのは、降格争いをしているチームたる所以か。

この試合で活躍したのは、今期で退団する予定の富樫・松ヶ枝・小林だったことも、深く考えてしまうね。

そして、リンタロウの覚醒・・・

本当に遅いし、もう叶わないけど、来季もこのメンバーで闘いたいと思ってしまった、そんな試合だった。

富樫のゴール

マッチダイジェスト


観客の盛り上がりもよかった。

観客は1,497人!!!

秋田駅からのパレードをやって、会場に入ったのは11:30頃だったが、いつもに比べて活気があった。

(パレードは、「頑張って!」とか声をかけてくれる方がいて嬉しかった。)

稲庭うどんとソーキそばのセットが600円というのも、お得感があり非常によかった。

試合中に関しては、チャンスのたびに歓声が、メインスタンド中央の方から聞こえてきた。

そして何より、試合後の秋田オレオレは、ブラウブリッツ史上最大の参加人数で踊った!

最大のアキタオレオレ


監督も一緒に踊ればいいのに、恥ずかしがり屋だな(笑)

最後に、サポーターが集合して記念撮影して、最終戦は終了。

かくして、2012年のホーム戦は幕を閉じたのである。

(相変わらず、琉球サポさんの応援は熱かった。)



正直、有終の美という言葉にふさわしい試合だったので、燃え尽きた感じもあります。

ただ、リーグ戦は、まだ終わっていません。

宮崎にてホンダロックSCとの対戦が、日曜日にあります。

私は貧乏なので行けませんが、関東勢メインで多くの方がサポートに行く予定です。

勝ち点が36と39では全然違うぞ・・・

Warheartを宮崎小林に送ります。



2012年11月9日金曜日

さらに強くなるための別れ

こんばんは。

長野から帰ってきてからというもの、仕事に追われてブログを書く時間がありませんでした。

三日坊主な性格の私ですので、お許しください・・・

さて、全力でブラウブリッツ秋田を応援してきた2012年シーズンも、残すところあと2試合

退団選手の8人も発表になりました。

新しい舞台へと旅立つのは、

泰介

コバ

北森

圭一





平木

大金

今年から来た選手、TDKSC~ブラウブリッツを支え続けてきた選手、様々です。

契約更新に至らなかったのは、個人の意向?クラブ事情?わかりません・・・

今は理由を問うまい。

サポーター、退団する選手、送り出す選手、監督、フロントの色々な想いが交錯する中、ブラウブリッツは闘います。

残り2試合です。

去年みたいに、ただただ寒いだけの試合はもう経験したくない。

秋田に功労した選手には、最後は笑顔で秋田の地を去ってもらいたい。

残り試合は2試合です・・・

まずはFC琉球戦、笑顔で終わろう。




なお、FC琉球戦後ですが、ホーム最終戦ということで、試合終了後に『鳥でん』にて「今シーズンお疲れ様でした会(仮)」を行います。
会費は一人3,000円です。都合のつく方は是非。ノンアルコール歓迎です。

2012年10月28日日曜日

グッバイSAGAWA

こんばんは。

ご存知の通り、TDKSC時代から何度もリーグ戦で刃を交えた、SAGAWA SHIGA FCとの最後の試合を昨日終えました。

結果は1-2で敗戦。

最後も勝ち点3をしっかり集荷されてしまいました・・・

でも、この勝ち点はどこには配達されず、フットボールの歴史の渦に消えていくんだろうなぁ。

恒例になったダイジェストです

試合の詳細については、こちらのブログにおまかせー。

試合の前、アップをするSAGAWAの選手達


試合後、リーグを去るSAGAWAにメッセージダンマクを渡した。
最後に、秋田サポの前で挨拶をするSAGAWAの選手達。

JFLにこのような強いチームを長らく支え続けた佐川急便本社には、心から感謝します。

日本サッカーに、アマチュアで、決してJリーグクラブに劣ることのない戦力をもったチームが存在したことは忘れてはなりません。

また、そんな強いチームが経営上の判断で廃部という選択を選んだという事実も、忘れてはならない。

Jを目指すという推進力がないクラブは、経営が行き詰り、クラブ自体が消滅してしまうということはあってはいけないことだ。

JリーグやJFAには、3部リーグでもしっかりとクラブ経営ができ、いずれはJリーグも狙える、そんなシステムを担保する、新しい事業を強く求めます。






さて、我等がブラウブリッツ秋田・・・


今年はもう、降格の危機はなくなった。

だから残りの試合はせめて、来季に希望をもって挑めるような、そんな3試合にして欲しい。

後半では、相手をサイドにおびき寄せて、逆サイドから攻撃の形を作れていた。

もう恐れるものはなにもない。

思いっきりやろうではないか。

幸いにも、ブラウブリッツ秋田はまだクラブの消滅には至っていない。

クラブが消滅しない限り、何度だってやりなおせる。

俺らサポーターも、ブラウブリッツが消滅するその時まで、応援し続ける。

南長野で、秋田の底力見せようぜ!

2012年10月24日水曜日

うどんから飛脚へ

こんばんは

仕事が忙しくなってきて、なんとなく、間を空けてしまいました。

風が強い日が多くなってきて、落ち葉が舞う、冬の入り口かなって季節になってきましたね。

もう一ヶ月もすると、初雪、降っちゃうんでしょうね。

先日のカマタマーレ讃岐戦・・・

ここで勝てば、上位にいけるかもって、少し期待していた対戦でしたが、あっさり負けてしまいました。

まだまだ上位進出を狙っていたので、かなり残念です。

栃木ウーヴァ戦から、まさかの2連敗

でも、まだまだ秋田を信じてます。

カマタマーレは、天皇杯で観たとおりいいチームでした。

でも、今回の勝利は、ぶっちゃけ運がよかったと思う。

うちの主力が5人もいないときに闘えるなんて、ラッキー以外の何者でもないでしょ。

運も実力のうちですがね・・・


マツの2戦連続FKゴール!


カマタマ戦ダイジェスト!

ゴール裏は、いつもと比べてかなり寂しかったけど、見学に来てくれた小学生は楽しんでいるようにみえた。

それが救いかな。

小学生でも入りやすいサポーターであればいいと思う。

あと、カマタマさんが試合開始に間に合わなかったせいか、相手のダンマクなしで試合が始まったのも寂しかったですね。




さて、Sagawa Shiga戦

SAGAWAとのラストゲームになりますので、サッカーファン、JFLファンは絶対に観に来て欲しい。

SAGAWAは容赦なく秋田に向かってくるでしょうが、ブラウブリッツも全力でぶつかりましょう。

SAGAWAと仁賀保で試合をするのは、JFL初年度の07年ぶりの気がする。

最後も仁賀保とはなにか縁を感じますね。

さて、3連敗しますか?それとも、SAGAWA倒しちゃいますか?

2012年10月17日水曜日

拝啓カマタマーレ讃岐様「よ う こ そ 仁 賀 保 へ」

こんにちは。

足利で勝ち点50の夢が砕け散った敗戦から、あっと言う間に讃岐戦が迫ってきております。

讃岐戦(21日)からSAGAWA SHIGA戦(27日)は秋田の絶対的ホームグラウンド・仁賀保GFでの2連戦になります。

仁賀保ではほとんど負けていない(長野には負けましたが)、ブラウブリッツ秋田

この強者との戦いでも、アドバンテージを発揮させたいところ。



ところで、讃岐さんは初めての仁賀保開催になります。

サポさんも何人かはお越しくださると思いますが、私個人としては都田に並ぶJFL名物として売出し中(?)のスタジアムなので、堪能してほしいところです。

陸の孤島、難関スタジアムなんて言われる仁賀保ですが、

目の前にコンビニや、農協の直売所、向いにある公民館には喫茶店なんかもあり、利便性は悪くないと思います。

さて、JFLにおいて秋田と讃岐の対決と言えば・・・

「うどんダービー」

安くてお腹いっぱいになれる、大衆的が売りの讃岐うどん

高いが贈呈すると喜ばれ、細いのにコシがありのど越しが最高の稲庭うどん

特に、香川県は最近「うどん県」に改称しただけに、もはや「県を挙げての対戦(笑)」



前回の対戦ではスコア、内容ともに圧倒された完敗

秋田にとっては絶対的ホームで、勝ち点を拾えるか・・・

特に栃木ウーヴァ戦で勝ちを落としてしまっただけに、連敗はしたくない。

一試合、一試合ががけっぷちの闘いです。

去年のホーム戦のように、快勝を希望




ちなみに、先日、湯沢市で行われたうどんエキスポ・・・

このときには、いろいろなうどんを比較して、「やっぱり稲庭うどんが一番」と思った方が多いとか少ないとか(笑)




当日は、雨の予報ですし、同時刻に由利本荘でハピネッツの試合があったりと、集客に苦しむことが予想されます。

にかほ市民の方々、どうか、どうか、仁賀保にお越しください!

仁賀保で生まれ、JFLまで育ったチーム、ブラウブリッツの闘いを、聖地で観ていただきたいものだ。

2012年10月15日月曜日

栃木ウーヴァ戦:そのブドウには毒があった

こんにちは。

嫌な予感が当たってしまいました。

一つの木に実るブドウの房には、いくつか毒ブドウがあったようです。

それをまんまと喰わされました。

栃木ウーヴァにとっては、負ければ入れ替え戦以下が決まる重要な戦いで、1-3と相手の意地と気合を見せつけられた敗戦になりました。

サポも2連勝を狙ってワクワクしながら足利に入ったので、精神的なショックの大きい戦いとなってしまいました。

関東在住のサポーターやフロンターレサポ数名、秋田に所縁のある方々が大勢来参戦していただきましたが、結果には残念無念です。

こんなことなら、しっかり戦勝祈願しておけばよかった!

試合ダイジェストはこちら(全ゴール入ってます)

○足利へ

今回の遠征の道中は6人のサポ仲間と行きました。

私含め由利本荘在住3名は、大内で集合し1台の車に乗り換えて、大曲在住3名と大曲ICで合流しました。

大曲IC発は午前5時

高速は快調に進み、10時前には会場の足利陸上競技場に到着。




細い駐車場に車を駐車し、ダンマクを貼りました。

開場を前にし、関東在住サポさんが続々と集まってきます。

(ウーヴァのサポもブラウブリッツと似たチームカラーですので、非常に紛らわしかったw)

最終的にはこんな感じに。

今回も関東サポさんのいろいろな計画を実行してくださったので、楽しい雰囲気となりました。

ブドウ(ウーヴァ)を飲み干そう計画



金満配布作戦



毎度おなじみ、いゴミブクロでバイバイン作戦など・・・

そして、試合前には、この試合限定で伝説のゴールダンス「アゲアゲ」を復活させることに。

忘れている方、知らない方もいたので、何回か練習しました。

○試合内容

残留にかける栃木ウーヴァの気合が圧勝した内容でした。

秋田は先週の勝利で少し気が緩んでいたのかもしれません。

今の秋田は、尻に火が付いた最下位チームに勝てるだけの実力がないことを証明してしましました。

あと最後、リンタロウここでダメなら後はないぞ・・・わかるな?

選手のみなさんも思うところはたくさんあると思うので、今週の讃岐戦に向けていい薬にしてもらいれば。

収穫といえば、久しぶりにマツの直接FKゴール&アゲアゲができたことぐらいですかね。




それと、新カメラの実戦投入もですか。



ウーヴァには今年勝ち点4も差し上げちまいました。

ま、北関東のチームは秋田にとっても貴重な近場アウェーですので、降格してしまうのは残念だ。

ということで、ウーヴァ降格阻止基金として、今年は勝ち点4貯金しますので、

「ちゃんと利子つけて返してくださいね」

残留しろよ!


○次に向けて

選手、フロント全てが満身創痍の秋田です。

ただ、サポーターにできる部分はたくさんあります。

各個人による集客活動をやる人、会場での応援を熱心に行う人、試合には見に行けないがグッズ購入で財政を助ける人等、現在でもいろいろな活動をしています。

サポーターはただただ、それを着実にこなしていくのみです。

それがフロントの助けになっていればいいなぁ。

次は日曜日に、仁賀保グリーンフィールドでカマタマーレ讃岐とのリーグ戦があります。

讃岐にとっては仁賀保デビューになります。

みなさんで迎えましょう。

「讃岐のみなさん、仁 賀 保 へ よ う こ そ」

2012年10月13日土曜日

栃木ウーヴァ戦:ぶどうの季節は過ぎたようです

こんにちは。

秋も更けてきまして、最近は雷も多く、なんとなく冬っぽい雰囲気ですね。




さて、明日は足利市で栃木ウーヴァ戦があります。

ウーヴァとはポルトガル語で葡萄の意味ですが、葡萄の旬は8月~9月だそうで、10月には大体終わりだそうです。

それはさておき・・・

この試合、栃木ウーヴァFCにとってはがけっぷちです。

負けると16位以下が確定し、入れ替え戦もしくは自動降格が確定する試合です。

覚悟は相当なものがあるでしょう。

彼らには負けた事がないとはいえ、これまで苦戦した試合が多かった。

34番を中心に、縦に早い攻撃に、何度苦しめられたことか。

簡単に勝てる試合ではないだろう。

秋田も久々に連勝がかかった試合です。

シーズン終了までのこの連戦で勝ちを積み上げていけば、上位に入ることも出来ます。

この栃木戦では競り勝って、讃岐→SAGAWA→長野の上位対決に弾みをつけたいところ・・・


去年のアウェー、畑田のゴール


去年のホーム、松田のゴール


ブラウブリッツ秋田はまだまだ人気もなく、ヒヨっ子です。

今日はBJリーグ・ハピネッツの開幕戦でもあり、なんだか差を感じています。

ですが、ブラウブリッツはフロントとサポ共に着実に成長を感じています。

秋田で生まれ、秋田で強くなり、秋田でJFLまで駒を進めたブラウブリッツを強くしないでどうする?!

今は弱いし、頼りないが、だからこそ強くなる手助けをしようと思うのです。

今はその過程を楽しみたいと思います。




さて、先日の台風17号のさなか行われた、HONDA戦のダイジェスト版を作ったのでご覧アレ。

(ただ繋げただけですが・・・)

http://www.youtube.com/watch?v=UHVc5LmZyFY&feature=share&list=UUu_4isHzwgGgtsvNymFB-Eg

2012年10月10日水曜日

勝利の喜び爆発・金沢戦

13試合ぶり、ホームでは半年ぶりのツエーゲン金沢戦から少し時間をおいて、こんばんは。

勝利ってこんなに嬉しいものだと、改めて思った日曜日…

2点目のゴールを奪った時の感覚、勝利へのカウントダウン・・・

こんなに楽しかったっけ?

勝った瞬間、どこからともなく湧き出るエネルギー?感動?堪らないものがありますね。

最後は選手とサポとで一緒に「秋田オレオレ」もできましたし、また勝ちたいですね(島川負傷しましたがw)。



○試合内容

試合の内容は、負けてもおかしくない展開。

前半はどちらもシュートまでいけない、中盤での一進一退。

そんな中で、コーナーからの松田の先制点はかなり大きかったです。



そして後半には決定機を何度か作った後の、前山の追加点・・・



その後は、金沢の決定的なシュートがポストに当たり、内側に跳ね返ること2回・・・

運も秋田に味方していました。

(実は、試合前に自宅近くの「妙慶寺」という、真田幸村の娘が眠るお墓に勝利祈願をしに行ってたのですが、これが効いたかな?!)

秋田戦で復帰した、札幌から出向中の横野に1点返されるも、なんとか逃げ切ったという試合でした。

(ダイジェスト版)

なによりうれしいのは、前山の決勝点のシーン

今節は中盤のセンター起用で先発した前山は、得点に加え、攻撃の組み立てに貢献。

秋田にはなくてはならない選手になりつつあるんだなと、頼もしく思えます。

あと、今井は得点はできなかったものの、彼が入ってからの秋田の攻撃は迫力が格段に違います。

できれば、来年も秋田に…



○金沢について

金沢観光ブースが素敵でした。

金沢のパンフレットと、ぱっきん箸(割ると、金粉が舞い落ちる割り箸)が入った袋などを配ってPRしていました。

また、アンケートに答えてもらった人には抽選会もやっておりました。

実施主体は金沢市?石川県?わかりませんが、秋田もできればいいね。

そうそう、実は「アウェーゲン」金沢にホームで勝てたのは初めて・・・

「こんなに嬉しいことはない…」



○西目について

西目はコンパクトで、観客と選手との距離も近く大好きなスタジアムです。

ゴール裏は芝生席なので、子供たちが遊びまわっている中で試合観戦できる、のどかな光景を楽しめます。

ただ、残念ながらこの試合の観客は950人程で、1,000人に届きませんでした。

駐車場が狭い、場所が分かりにくい、駅から遠い等、色々な原因が考えられますが、こんないいスタジアムに来ないなんて残念な気持ちでいっぱいです。

また、秋田県は、球技専門スタジアムが3つもある、サッカーにとってはとても恵まれた環境なのですが、サッカー人気の向上に至るまではまだ時間がかかりそうです。


○次戦以降

さあ、次戦は、栃木県足利市で栃木ウーヴァ戦です。

ダントツ最下位の相手なので、絶対に落とせない試合ですが、相手は前節は讃岐に引き分けています。

侮ってかかっては、足を取られますね。

関東組も加えて、関東で久しぶりの勝利を!

また、ホームの試合は、21日(日)讃岐→27日(土)SAGAWAといずれも仁賀保GFで強豪との連戦となります。

その次の週には、アウェーのAC長野パルセイロ戦。

JFL終盤の怒涛の闘いが続きます・・・

2012年10月3日水曜日

敵は「アウェーゲン」

こんにちは

もうすっかり秋の涼しさがやってきていて、絶好の行楽シーズンになりつつありますね。

社長による準加盟の発言もあったりして、少しずつ前進していってますね。

(でも、今まで「やるやる詐欺」してきたので、発言にはもう動じませんよ。)

さて、今週の日曜日10月7日のツエーゲン金沢戦が迫って参りました。



日本海ダービー…



そう名を打つほど歴史も確執もないのですが、そういう名目になっております(笑)

ツエーゲン金沢とは2010年のブラウブリッツ元年に初めて対戦してます。

それ以降の対戦成績は、

3勝1敗1分

相性の良い相手と言っていいでしょうが、実はホームでは一度も勝ててない。

3勝はすべてアウェーでの結果。

金沢は裏の名前をその名も

「アウェーゲン金沢」

今年も、6勝数4勝がアウェー戦で出した結果。

ざっと見た感じ、相変わらずの外弁慶っぷり。

しかも、直近5試合は負けていません。

それはいいとして、金沢は、「大都会・金沢」という面以外は、色々と秋田と状況が似ていて、なんとなくシンパシーを感じる部分があるのです。

向こうも今年はなかなか成績が奮わなくて大変でしょうが・・・

我々に4月1日以来のホーム戦勝利をください(笑)





ここ最近の数試合で、秋田のゴール裏は、「楽しく笑いあり」が一番似合うし、特徴でもあるなと実感しました。

しかも、今週の西目の会場は、選手との距離が近く、迫力ある試合を見ることができます。

地元のサッカークラブを応援する楽しみを秋田の人知ってもらうには、一番の会場だと思っています。

明るく楽しいゴール裏で、臨場感のある試合をぜひぜひ観に来てください!

ゴール裏に興味がある方はお声かけください、案内いたします。





圭一の復活ゴラッソで勝利しよう!

2012年10月1日月曜日

「暴風雨に耐えた!」ご褒美の勝ち点1☆

こんにちは。

台風17号がまさに浜松近辺に上陸する予報が報道される中、秋田からサポ4人で都田サッカー場へ行ってまいりました。

都田サッカー場はJFLの聖地

3度目ですが、何度行っても良いですね。

前日は、フロンターレサポ兼ブラウブリッツサポの同士と共に、フロンターレの爆心地にて研修したので、少し寝不足状態で、都田に会場入りしました。

最終的にこの日の秋田サポは12名

松本サポの方も、ありがたいことに、アルウィンの試合を蹴って参戦してくれました!(ありがたい!残念ながら、アルウィンは試合中止になりましたが。)


舞台は都田、何かが起こりそうな気がしていました。


台風の予報は、夕方頃に浜松に上陸ということでしたが、11時頃にダンマク張りをしている間に次第に風が強くなっていく。




12時頃には強い雨が降ったり止んだり・・・台風らしい不安定な天気に。

南からは黒い怪しい雲が…




ダンマクも飛ばされるわ、破損するわでひと苦労

そんなこんなで試合に向けて準備を整え終わると、キックオフを待てないとばかりに暴風雨発生!

県民歌を歌い終わったころには、みんなずぶ濡れにw

マツの先制点(Hondaの同点ゴールは録り忘れ。ビューティフルミドルでした。)





ハーフタイムには、これは試合再開が遅れるか?と不安になるぐらいの横殴りの雨

あまりの荒れ狂いぶりに、何故か秋田サポのテンションが上がってくる!

この天候にテンションの上がった某B氏にそそのかされて、後半開始前に「秋田オレオレ」でダンスを始める始末。

都田の綺麗なスタジアムに、奇声が上がる(笑)

メインで見ていた観客は、そんな狂乱ぶりを見て何を想っただろう?(笑)

そのダンスの甲斐あってか、安定した天気の荒れっぷり&見事な押されっぷり

そして、彩貴のビックセーブなんかもありながらも試合終了!


video


見事、都田で2009年以来の勝ち点をゲットしました。

(同じ暴風雨のなか応援していたHondaサポ様もお疲れ様でした。)



さて、試合内容は…

台風が来ていなかったら、視界のいい通常の状態だったら、4-1くらいで負けていそうな出来

HONDAの決定力不足が目立った試合でした。

(これは決まったという場面が何度あったことか!)

秋田もそれなりの決定機は作っていましたが、やはりパスでもたつく場面が多かったです。

ただ、上手くHondaのサイドのスペースを突いた戦術がハマってました。

勝ち点1は勝ち点1です。






帰りは、みなさんのご協力もあり、ずぶ濡れになりながらダンマクを撤去して帰りました。

スムーズに岐路に付けたことに感謝!

帰りの道中は、暴風雨にずっとつっつかれながらの道中でした。

15時30分に都田を出て、家に着いたのは翌4時00分

タフな遠征でした。

でも、楽しいですね。

こんなアドベンチャーをできるのも、ブラウブリッツに関わらなくてはできなかったことですしね。



この勝ち点1は、遠方から参戦し、台風に耐えながら応援し続けた12人の秋田サポへのご褒美と思うことにします。

次はホームでツエーゲン金沢戦!

順位が入れ替わるライバルマッチ・日本海ダービー!

JFLブラウブリッツ秋田を今後も応援しつづけます。