2017年3月21日火曜日

vsセレッソ大阪U23戦

セレッソ大阪U23 1-3 ブラウブリッツ秋田

大阪に行ったのっていつぶりだったかな?
9年ぶり?
関西って、金沢通り過ぎてから結構長いよね。
駐車場停めたらさっそく変なおばちゃんいるし、あぁ、関西だなって感じ。

長居のヤンマースタジアムのとなりにドーンと建つキンチョウスタジアムは壮観ですな。
本当にコンパクトで良いスタジアム。
Aスタもこんな感じになれそうなのにな、と思わずにはいられない。

関西出身の選手が多い秋田なので、会場には沢山選手の家族が来ていた。
秋田のユニフォームを着ていた方も多く、大変ありがたい。
末永く応援をよろしくお願いします。

試合はというと、DAZNで見ていらした方ならわかると思いますが、ほぼ完勝。
今年はFW田中の頑張りがすさまじく、1点目の久富のナイスゴールも田中から生まれた。
2点目の藤山のゴールは田中がブラインド→ジャンプした足の下を抜けてゴール
という、ほぼ2アシスト。
その後の、反転シュートを決めて欲しかった。
3点目の前山→アオシゴールは今節のベストゴールの1つに選ばれた。
どれも素晴らしいゴールだった。
3点取ってほぼ勝負が決した後の試合はなかなか難しいものだが、そこは今後の課題としてもらいたい。

生柿谷も見れたし、大阪行ってよかった~。

さて、次の試合は1週お休みして、4/2にやっとやっと秋田でのホームゲーム
東北ダービーその1 グルージャ盛岡戦。
今年の盛岡は去年の勢いそのままですんで手ごわいですよ。
でも、絶対勝ちましょうね!

2017年3月18日土曜日

セレッソ大阪U23戦へ

開幕戦の大アウェイ戦で勝点1を拾った秋田。
緒戦は負けないことが重要なので、及第点。
次の試合は、敵地大阪でのセレッソ大阪U23戦。

そのセレッソは、開幕戦はホームで盛岡と対戦。
2-0から2-2に追いつかれての試合だった。
予想として、今年のセレッソはオーバーエイジも少なそうだし、チーム作りが途上かなと思っていたが、思っていたより遥かにチームの完成度は高いようだ。
特に前線のスピードは脅威で、岸本や沖野の突破が前線でのポイントになっていた。
まあ、盛岡は攻撃時にサイドがかなり高い位置に上がるので、奪った後に早めに絶てパスを入れればスペースを使えるという作戦だったのだろうが。
岸本の決定力はさすがだった。

秋田は割りと守備的なチームなのでどうなるか。
去年はホーム・Aスタで引き分けてますからね。
まあ、苦しめられた米澤は山口に行っちゃいましたが。

秋田は試合運びは去年より上手にできる戦力があるなという印象
ただ、攻撃力はまだ発展途上かな~。
次の試合は藤山に正確なサイドチェンジを期待して勝利を願いますよ。

2017年3月15日水曜日

署名活動へのご協力に感謝

署名筆数179,412人

本日、ブラウブリッツ秋田後援会と岩瀬社長が佐竹知事と穂積市長に署名を提出しました。
昨シーズンの終盤11月から2月一杯まで秋田市に新スタジアムの整備を要望するために活動していたわけですが、誰が予想したであろう、目標の100,000筆を遥かに超える約180,000筆を達成できました。
これは、サンフレッチェ広島やガンバ大阪の署名数の次にあたるそうです。
同じ秋田県内では、秋田北空港の建設要望で300,000筆という記録があります。

この結果はブラウブリッツを応援する人たちの尽力によって成されました。
特に後援会の結成が非常に大きく、この方達は秋田が苦しい時代でも支えてくださった方々。
今回の署名活動でも奔走していただいた。
もちろん、我々サポーターも頑張りました。
(個人的には街頭署名活動は参加できませんでしたが)
サポ個人個人の頑張りは表にはでませんが、合計すると大変な数になると思います。

秋田県という小さな県でまさか、18万筆という数を集められたのは本当に驚き。
自分達が応援しているクラブがこれほどまでに人を巻き込む力がある・・・いざ数字にされてみると大変な驚きがあります。
この署名活動は組織力なくしては達成できなかったから。
このクラブを応援しているとクラブの消滅の危機や、成績低迷など苦しい時があったのはご存知の通り。
そんな中、昨年は好成績を出し、この度の署名・・・
「ブラウブリッツを応援していることに間違いはなかった」
この気持ちを満足させる契機になればいいなと思います。

署名活動では、ブラウブリッツやサッカーに関心がない方々も巻き込むことができましたね。
今シーズンはより沢山の方にスタジアムに足を運んでいただき、チームへ応援をしていただけると嬉しいです。
目標は優勝
我々秋田県民の力で必ずJ3の頂点を勝ち取りましょう。

なお、政治的にはこれから知事選、市長選、色々な議論が成されると思います。
これも注目ですね。

(署名は軽い気持ちで書かれたものだから意味がないという方もおりますが、署名というのは特定の目標に賛同する方が自署もしくはそれに準ずる方法で”意見の賛同”を表現することです。ですので、YESかNOかの問題であって、筆数の多少によっての軽重はあっても、一筆一筆自体には軽いも重いもありません。実際にその目標を実施するかどうかは行政や市民の代表である議会等で議論されるべきもので、そこで是非の議論は担保されていると考えます。)

2017年3月14日火曜日

vsギラヴァンツ北九州

北九州1-1秋田

開幕戦は互いに得点を取って1-1の引き分け。
15,000人というJ3最多観客数の超アウェイの中、勝ち点を秋田に持ってこれたのは及第点
しかしながら、勝てなかった悔しさも結構な割合ある。

北九州には申し訳ないが、監督が元長崎だけに長崎つながりを意識したせいか、実績豊富な選手をスタメン起用したのを見たとき、これは勝ったなと思った。
茂平や鈴木など、若くて勢いのある選手を起用されるとまずいなと思っていたので一安心した瞬間だった。
ただ、北九州の選手の個人能力は高いので、去年の大分と栃木のようにJ3に適応したチームになってくると手の付けられなくなるかも。
それだけに、この試合は勝てたし、勝っておきたかった。
特に北九州の前半の内容はリードしておかなくてはいけないぐらい低調だったので。
次の対戦では、北九州強くなってるだろうな。

ともあれ、TDK時代からvs北九州戦ではアウェイで負けなしです。

そしてブラウブリッツですが、去年のチームがさらに安定感をもったというイメージ
新加入の藤山は対人プレーにも強く、シュートの意識もあった、今後定着しそう。
基本的に全員、悪くないプレーをしていたが、特にFW田中が頼もしかった。
開幕の段階でポストプレーができているのが良いし、決定的なチャンスも作った。
途中から入ったFW安芸も大卒ながら、北九州相手に前線での競り合いには勝てるプレイヤーだ。
一人づつ誉めていくのもあれだが、GK小澤のプレーも非常に安定していた。
松本のポジションが危ういかも。

秋田サポーターもなんだかんだで、秋田から東京から、九州各地から相当数行った様で、100人くらいにはなったのでは。
さすが、気持ちが熱いサポーターです。
応援は気持ちです。
気持ちがあればいいんです。

さて、次はアウェイでセレッソ大阪U23戦
こんな感じで、毎週次々に試合が行われます、開幕したんですね~。
勝利してAスタのホーム開幕戦に臨みたい。

2017年3月9日木曜日

さあ開幕だ

さあJ3開幕だ。
また毎試合決勝戦の厳しいリーグ戦が始まるのかと思うと、楽しみのような緊張するような複雑な心境。

今年はいつもの開幕とは雰囲気が違う。
このオフの間に、監督は間瀬さんから杉山さんに交代。
10万筆を目指した秋田市に新スタジアム整備の署名は17万筆の我々の想像の遥か斜め上の結果に。
政治の舞台でもスタジアムの話は盛んに行われているし、マスコミからの注目も今年は何かが違う。
ブラウブリッツになって7年目、ここまで注目される開幕戦は今までなかった。
ここ数週間、高まる期待をひしひしと感じる。

それだけに、監督や選手にかかるプレッシャーは大きいだろう。
でも、プロ選手ならこのプレッシャーを楽しんで欲しいし、まさか秋田でこのプレッシャーを感じられる意外性(笑)を感じて欲しいw

さて、開幕戦は去年J2のギラヴァンツ北九州
JFL時代にはTDKSCvsニューウェーブ北九州として戦ったことがあるぞ。
そのときの北九州の監督は、ブラウブリッツの監督も勤めたジョル爺だ。
ギラヴァンツの開幕戦は、今年落成したミクスタで行われる。
NHK秋田やDAZNで中継されるこの注目の一戦は、ミクスタを見たいサッカーファンの興味を引き付ける一戦だ。
北九州はこの記念すべき開幕戦を勝ちたいだろうが、空気読むことで定評のある我等が秋田、今回は空気読みませんから!

試合の予想ですが、開幕戦につきどうなるかわからない。
どちらも監督変わってますしね。
まあ、選手の名前を見る限りでは北九州有利であることには間違いないでしょう。

戦う準備はできていますか?
さあ、始まるぞ。

2017年2月13日月曜日

2017順位予想

今日はJ3の2017シーズン順位予想をしてみます。
※あまり真面目に考えていない&J3的ネタが含まれていますので、個人の戯言だと思ってご容赦を。

ちなみに、ブラウブリッツは永遠の優勝予想ですので順位には出てきません。

1位栃木SC
2位アスルクラロ沼津
3位カターレ富山
4位ギラヴァンツ北九州
5位鹿児島ユナイテッド
6位AC長野パルセイロ
7位FC琉球
8位藤枝MYFC
9位SC相模原
10位ガンバ大阪U-23
11位ガイナーレ鳥取
12位グルージャ盛岡
13位福島ユナイテッド
14位FC東京U-23
15位YSCC
16位セレッソ大阪U-23

と、予想した。

首位の栃木SCだが、若いチームに入れ替わりとなっている。
横山監督も残留、コーチには秋田のレジェンド松田がスタッフ入りしている。
盛岡から移籍した牛之濱を筆頭に、攻守の切り替えが早く、シーズン通して戦えそうな雰囲気がしているぞ。
攻撃力が不安なら、マツを出せば良い。
マツが行ったので、さすがに今年は昇格するだろうよ。
(ただし、ブラウブリッツには勝つなよ)

2位の沼津に関しては、去年JFLを戦い抜いたスタッフ・選手はGK以外ほぼ残留しており、JFLのライバルチーム等から主力選手を獲得しており、非常に怖い存在になっている。
また、ホーム戦では去年ほとんど負けておらず、応援するサポーターの力も大きい。
怖い存在なので、2位予想にして油断させておくのが懸命だ。

3位カターレ富山
富山も昨季の主力はほぼ残留しており、補強もなかなかいい。
特に琉球から獲得したパブロは脅威
監督とヘッドコーチが変わったのが未知数だが、ここ最近の富山の監督チョイスにしてはかなり地に足つけた印象があり、期待している。

4位ギラヴァンツ北九州
J3降格となり、スタッフと選手も刷新という雰囲気が強い。
だが、選手でみるとやはりタレント力はJ3屈指であり、他のチームと比べると圧倒しているのは事実
しかしながら、J3ではチーム力で勝つことはあっても、タレント力で勝つということは1年通して考えると厳しい。
いかに序盤でチームを完成させられるか、原田監督以下スタッフの力が問われる。

5位鹿児島ユナイテッド
秋田と同じで、しばらくJ2ライセンスが取れないチームだが、昨季のチーム編成を保つ事ができた。
監督が浅野→三浦監督となったが、安定的に強そうなイメージがある。
秋田と同じで、このぐらいの順位の方が、来期のチーム編成に影響を与えなくていいのでは。

6位AC長野パルセイロ
鹿児島から浅野監督を招聘し、スタッフも変わり、これまでの体制とは一区切りといった印象。
選手は主力がほぼ残ったが、若干GK陣に不安を感じるが、鉄壁の長野DFにはGKなどあってもなくても同じなのかもしれないw
浅野監督の求めるハードワークが、この1年で浸透できるかが鍵だ。
ただ、長野はなんとなくまだJ3に居そうな気がする。

7位FC琉球
なんといっても、田中とパブロの移籍は痛い。
才藤や前田のFW陣の爆発に期待だが、琉球も安定的に勝ちそうな雰囲気がある。

8位藤枝MYFC
J3でもっとも攻撃的なチーム
補強も殆どが攻撃的な選手で戦々恐々だ。
しかしながら、去年の失点数をどう減らすかというところは、攻撃すなわち守備という考え方なのだろうが、特にぴこれといった補強はない気がする。
GK三宅の活躍が増えそうな感じはするが、ホームの試合では藤枝劇場が増えそうだ。

9位SC相模原
かなり積極的な補強をしている。
昨季後半の失速は監督自身が自分の責任と言っていたとおり、今季も鍵は監督か。
これまで相模原を支えてきた中心選手の退団も多く、生まれ変わりの年になりそうだ。

10位ガンバ大阪U-23
堂安がどのくらい出るかによるが、このくらいかな~。
宮本監督が楽しみ。

11位ガイナーレ鳥取
鳥取も監督・コーチが変わって、選手も若返りしている。
京都U-18の監督の森岡さんを連れて来たのもそういうことなのだろう。
ここ数年、チーム戦術にも大きく関わり、前線で孤軍奮闘していたフェルナンジーニョがブラジルに帰ってしまったのが痛いが、若手の成長に期待。

12位グルージャ盛岡
色々あった盛岡さんは地元出身の菊池監督を迎えて再出発
割と補強は積極的に動いた印象もある。
昨季の成長を今年に生かせれば、かなり面白いチームになりそうだし、もっと上に行きそうなポテンシャルはある。

13位福島ユナイテッド
3年続いた栗原体制から田坂さんに監督交代
選手数が少ないが大丈夫なのだろうか?
目指しているスタイルが田坂さんのものと一致しているので、はまれば怖い存在になりそうだが、控えを含めての総力に疑問

14位FC東京U-23
なんとなく。
中島や室屋はさすがにトップで出なきゃお話にならないレベルなので、今年もユース組みが出たりしそう。
久保や平川のU-17組を見るのが楽しみである。

15位YSCC
結構入れ替わった。
辻の完全復活と、謎のポーランド人GKに期待して、最下位脱出か。

16位セレッソ大阪U-23
前線で奮闘していた令衣くんがレノファに行ったのは痛い。
トップはJ1復帰ということで、U-23まで手が回るのか不安。
丸岡くんや沖野くんは怖かったなぁ。

てな感じで、開幕も迫ってまいりました。

2017年2月2日木曜日

今期の戦力


こんばんは。
今シーズンの秋田の戦力についてであるが、ろくにチームを見てもいないのに語ってみよう。
個人的に今年の補強は手ごたえを感じている。
補強が補強になっているというか。



去年、秋田から抜けた選手で大きな戦力ダウンだと感じたのは大陸、掘田、新里、川田の4人
大陸は秋田で活躍したようなしてないようなという数字上では微妙なではあるが、サイドの突破の優位性や前線で頑張って試合を有利に進められたのは事実
堀田はケガで出場機会がなかった期間も結構あったが、高さと足元の確かさは見ていて安心できた。
新里は主にディフェンスラインのカバー能力で勝利に貢献したし、川田はベテランならではの手堅いプレーで試合に落ち着きをもたらした。

この4人の抜けた穴を補えたかといえば、補えそうだなと。


大陸の突破力に関しては、金沢から加入した古田が本来の力を発揮すれば余りあるだろうし。
堀田の代役は、千田かホガンになると思われる。
ホガンは間瀬体制ではあまり出番はなかったが、空中戦の強さは定評があるし、期待感はある。
また、関東リーグでも活躍した待望の大型CB千田を獲得できたのは今後に向けて大きい。
今シーズンのCBは深井、千田、ホガン、下田、有薗となかなかレベルが高いというか史上最高クラスのメンツだと思っているので、この4人で鉄壁守備を。
有薗はカバー能力に定評があるので、新里の代役としては適任。
川田の代わりは立ち位置的に藤山になるのだろうか。
今年の守備的なサイドの選手はおそらく、藤山、青島がメインになりそうな気はする。
後は浦島の復帰が待ち遠しい。


あ、GK陣も松本、小澤、大石と平均値の高い3人がそろっているので特に心配はしていない。
松本のケガで、シーズンの序盤戦は苦戦するかどうかは守備陣の完成度にもよると思う。



中盤は山田と10日高がメインになるだろうが、そこに江口がどう割って入るか。
攻撃の中心は久富と比嘉、前山で得点を量産して欲しいと思う。



ちょっと心配なのはFW
堺と遊馬が前線でどれだけ有利に動けるか、そこの成長があるかどうかにかかっている。
堺はシュートの思い切りやポストプレーでは期待がかかるが、昨年は周りのプレーの速さについていけなかった感がある。
遊馬は序盤戦ではスタメンだったが、田中にポジションを奪われてしまった。
もっと最前線での体の強さを鍛えないとね。
田中ばかりに負担をかけちゃいけない。
今の秋田は2列目の選手が頑張って、攻撃につなげるパターンが多いのでFWには主に体を張る能力が求められるが、その点では銀治が大卒とは言え得意のポストプレーを期待している。



後は、杉山監督の腕ですわ。
間瀬監督より選手の構成では恵まれていると思うぞ。
ほかのライバルチーム(北九州、栃木、長野あたり)とは確かにタレント力で劣るとは思うが、チームに必要とされる選手がバランスよく揃ったなというイメージがある。
ケガなくキャンプを終えてくれれば、良いチームになっているに違いない。