2017年5月22日月曜日

決戦!vs長野

秋田0-0長野
負けなかった?勝てなかった?負けなくてラッキーだった?
なんとも色んな思いが湧き出る一戦であった。

長野戦。
この対戦は秋田にとってはものすごく燃えるキーワード
なぜなら、一度も勝ってないから。
しかも今年は攻撃力、守備ともレベルが高く、6連勝中とあってブラウブリッツサポならこの試合をみんな同じ気持ちで迎えたのではなかろうか。
今日こそが「長野のくびきからの解放であると!」

今年一番のアツさだったんじゃないかね、気温もサポも。
対する長野サポも今年はなかなか勝ち点が伸びないチームを秋田で好転させようと、なかなかの気合。

ブラウブリッツ初出店のココイチのカレーでも食べようかなと思ったが、大行列で断念。
変わりにホルモン煮込みね、いつものパターンw

観客ですが、農繁期の5月下旬、秋田は田んぼに水が張り始める時期です。
毎年5月って集客に苦労するんだけど、この日は約2,400人
過去のデータからすると、右肩上がりで上がっているところではあるんだけど。
ちなみに、前回のホーム戦の藤枝戦は2118人、あれはゴールデンウィーク中の試合では(2011年の東日本大震災の影響でホーム開幕戦だった佐川印刷戦を除けば)一番お客さんが入った試合だったんですよ。
こんな感じで丁寧に数字を追っていけば、右肩上がりに観客が伸びているのが客観的にわかるはずです。
会社とチームと広い意味でのサポーターの努力で少しずつ伸びてます。

それで、試合。
やはり長野の守備は堅いね。
前節の鹿児島戦ではかなりサイドバックが高い位置をとっていた長野だったけど、さすがにうち相手では守りから入ったか。
それでもうちは結構、形もチャンスも作った。
ただ長野の最後の最後の粘りと、GKに阻まれたね。
長野はリーグでも下から数えたほうが早い得点力が課題で、やはりそこまで怖い攻撃は正直なかった。
けど、荒田のあの一発があるから怖い。
小澤の果敢な飛び出しがボールをクロスバーに当てる軌道に変えてくれたと思う。
小澤オレオですね。
試合はそのまま0-0で終了。
試合終了後には互いの健闘を讃えて長野サポからブラウブリッツコール
「珍しいな」と驚きつつ、AC長野コールで返した。

矛vs盾で注目されたJ3屈指の注目カードでしたが、お互い守備の良さが出た盾vs盾の試合だったという。
得点は取れなかったけど、ブラウブリッツの攻撃も良かったよ。
なんら下を向く必要のない、素晴らしい試合だったけど・・・
なんか胸が晴れないのは、連勝や連続得点記録がとまったことより、「また長野に勝てなかった」という思いのせいなんだろうな・・・

でも切り替えだ。
次はホームで5/28鹿児島戦
こっからA栃木→H富山→A沼津→H相模原と厳しい峠が続くよ。
とりあえず長野戦の悔しさは次のアウェイ戦まで忘れて、気合入れなおして頑張ろう!

2017年5月15日月曜日

6連勝!vs福島ユナイテッド

福島0-2秋田
苦しい苦しい東北ダービーを制して6連勝達成
アウェイの福島戦は本当に苦しい戦いが多かった中で、勝ちきったのは◎

天候は曇りだが、時折霧雨が降る状態。
福島の会場は毎回スタグルも充実しており好きです。
いもくり佐太郎は来るたびに買ってますが、今回はその社長と少しお話させていただきました。
ブラウブリッツサポ、相当な数をお買い上げしたと思われる。

前日からザーザー降りだったらしい福島。
とうスタのピッチがびしゃびしゃで所によっては湿地状態。
選手怪我しないといいけど。

試合はこのピッチ状態で、秋田はリスク回避のため蹴り合いを選択
福島は田村がこのピッチに足を取られてか、負傷退場してしまった。
早期の回復、復帰を待ってます。
うちの選手もケガ人出るんじゃないかとすごく心配だった。
試合も蹴り合いなので落ち着かないし、福島の密集パスによって試合の流れが持っていかれる。
しかしながら、先制したのは秋田
田中がキーパーのキャッチミスを逃さずに押し込んだ。
ライン際の厳しいところだったが、線審がよく見ていてゴールインの判定。
秋田側のメインスタンドからはごちゃごちゃしてて良くわからなかったが、田中がめっちゃ喜んでるんでそこで気づく。
ゴール?入った?やったー!という感じで。
その後も秋田ペースになる時間もあったが、福島に押し込まれる時間が多かった。
そんな中、ハンドの判定でPKを獲得したのは大きかった。
PK職人がしっかり決めて、2-0。
田中はこれで現在J3得点王。
守るところはしっかり守って2試合連続で無失点勝利。
ケガのリスクも避け、難しい福島戦をしっかり勝利で終えた。

これでブラウブリッツはチーム史上最高の6連勝達成。
昨シーズンからの無敗記録が10。
もちろん、首位キープも堅守。

帰りにサポ仲間と餃子食べて帰りましたが、ここ数年は秋田に帰る道すがら高速のSAで同じく帰りの秋田サポに会う回数が増えましたね。
車にマグネット貼ってる車だったりとか。
それだけ秋田から応援しに出かけているということで、ちょっと感無量です。
応援も100人以上のサポーターが来てくれた。
ありがたいことです。
あんなに苦しい状況だったチームがね、広がりを感じますよ。

さて、次はホームで5/21長野戦
上位対決が続きます。

2017年5月8日月曜日

首位キープvs藤枝MYFC

秋田3-0藤枝
危なげなく首位キープ

この試合、元秋田戦士の三好や三宅が在籍する藤枝だけに楽しみにしていた人も多かったのではないだろうか。
勿論、首位をキープする大事な試合という一番の見所もあるわけだし。
藤枝とは相性が良い訳でも悪いわけでもないが、以前ホームで6点取られて負けたという試合があったせいか良いイメージはない。
少しでも慢心があればあっ言う間に調子を落とすのがサッカーの怖いところ。

スタグルは「カレーがけだまこ餅」一本200円を食べました。

試合当日の会場は寒くはないが風が強い!
でも、メインスタンドに入ると風が弱まったような気がした。
八橋陸上は見やすくていいね~。
でも、ここを改修すると陸上競技場としてのランクが下がるそうで、J2以上のスタジアムにはできないそうです。
じゃあ、新しくスタジアム建てるしかないですよね。

苦しい試合になるかも・・・なんて言ってたら開始30秒で前山の先制点
会場めっちゃ沸く!!!
7分後には久富の追加点
前半に少し危ないシーンもあったけど、2-0で折り返すと・・・
後半にはカウンターから田中ゴールで3-0
MHT!前線3人揃い踏みですよ。
守るところは守り、攻撃では点を取りきる。
最高じゃないですか。

これで久富がJ3得点ランキング首位タイになったんでねーの?

藤枝も中盤はJ3屈指のテクニシャンが多いだけにさすが。
ただ、肝心なパスが合わなかったり。
三好は前線で体を張った貢献で、なんとか流れを手繰り寄せようと奮闘してましたね。
三宅は3失点でちょっと残念だった。
藤枝で戦うときは快勝はいかないだろうな。

同じ勝ち点だった福島が負けたため、勝ち点も単独で首位に
得失点差もGWの琉球戦と合わせて稼ぎまくりました。
ブラウブリッツサポにとっては最高の連休になったんでねーの?

次の試合はアウェイで東北ダービー!vs福島戦
今年は勢いのある福島ユナイテッドだけに怖い!
アウェイの福島戦といえば、去年は開幕戦で劇的ドローを食らった場所
なかなか勝てないというイメージがある。
今週末も胃が痛くなるような難しい試合になりそうですが、楽しんで応援しましょう。

毎年のことですが、福島には沢山の秋田サポが行く予定です。
チームの調子もいいですし、この機会に福島で応援などいかがでしょうか?
サポーターにできることは限られてますが、一人でも多くのサポーターが行くことで選手と監督の重圧を分散できたらいいと思います。

2017年5月2日火曜日

首位!琉球戦

琉球1-6秋田
いやー、爆勝大勝!
遠く沖縄の地でチームがやってくれました。

アウェイの琉球戦と言えば、2012年の開幕戦に松ヶ枝のゴールで勝った試合以来で、J3になってから初めてということ。
本当に鬼門だったんですよ。
TDKの頃は結構勝ってたんですけどね。
去年の最終戦で2-0で勝ったんで、呪縛が解けたという感じかな。

試合当日は日差しが強くて暑い(日没すると肌寒い。
現地のおじさんによると今年は寒いらしいです。
会場はお客さんが多くて、すごい良い雰囲気でした。
ブラウブリッツサポーターも連休中ということもあり、10人強は来ていましたね。
凄いですね~。
琉球・名倉がゴールした時の盛り上がりがすごかったですね。
結果的には5点差で勝たせてもらったんだけど、無料ご招待だった比嘉さんや読谷村民の方にはちょっと申し訳ない気もする。
興業を楽しんで帰ってもらえれば幸いだが。

改修を済ませた県立総合陸上競技場には初めて行きましたが、ビジョンもあり、バックスタンドもすごく綺麗でうらやましい限り。

これでブラウブリッツは福島を抜いて首位
個人的にはなるべくしてなったと思ってますが、しっかり気を抜かずに練習をしてきたチーム・スタッフのおかげですね。
秋田は上位陣と戦っていないからここまで勝ててるんだという意見もありますが、それは今時点で見たらそうかもしれないけど、例えば鳥取には勝ったけど試合始まる前には鳥取とは上位対決でした。
この序盤戦って毎試合のように順位が激しく変動するので、上位下位ってあまり関係ないと思ってます。

次は八橋陸上競技場で藤枝戦です。
連休最後の日ですが、奮って好調のチームの応援に来ていただければと思います。
藤枝は元秋田の三好や三宅がいるチームなので、応援にも熱が入りますね。
首位を守る激しい試合になりそうですが、チームを勝たせてあげましょう。

2017年4月22日土曜日

天皇杯終了

秋田1-2国士舘大学
天皇杯1回戦で敗戦
これでブラウブリッツの天皇杯は早くも春で終了~

4月も末だというのに風がクソ冷たい。
国士舘大学の生徒がバス数台で秋田まで大挙して押し寄せてきていた。
秋田に来ていただいてありがとうございます。
応援も、学生らしく凄い応援でしたなー。

国士舘は明治大学を破ったくらいだし、当然強いというのはチームも我々も十分知っていたと思うし、そういう中でスタメンを見たときには監督の意図はわかった。
なので、その時点で苦戦&敗戦は覚悟した。
試合はやっぱり苦戦で、リーグ戦の好調を全く感じさせない・・・
国士舘大学も強い、が、めっちゃくちゃ強いというわけではない。
でも、前半で2点リードされたらもうこのレベルだと苦しくなりますわ。
前半の2失点ももったいないミスで、試合勘のない選手がこれだけ居るとこういう残念なことが起きてしまう。
最初から最後までイマイチな試合。

名指しでは言いませんが、あの選手はやはり怪我明けでまだまだだなぁと思った。
そして去年から居るあの選手とあの選手は正直ガッカリ・・・
まあ、個人というよりはチーム全体のバランスが上手くいってないようにも思えたが。
樹がいきなりのスタメン起用はちょっと酷だったような。

天皇杯という大会も毎年思うのだが、勝ち進んでも特に良い事ない、負けたら負けたでボッコボコにたたかれる。
特に我々J3のチームは優勝は非常に厳しいし、J1の優勝チームと対戦することに価値を見出すしかない。
しかも今年の天皇杯は例年に比べて大幅にスケジュール前倒し。
我々はリーグ戦調子がいいので、間に天皇杯が挟まれるのもちょっと迷惑なようななんというか・・・
こんなスケジュールなので、杉山監督のようにチームづくりに天皇杯を使うという意図も有りだと思う。

今回の選手起用がリーグ戦の底上げになっていればいいけどね。
去年みたいにリーグも天皇杯も絶対に使わない選手がいるっていうのも良くないような気がするので、チームのモチベーション的には評価したいと思います。
特に秋田はこれまでずっとターンオーバーしないことが多かったので、これはこれで新鮮だった。

ユニはしばらく洗うことはないかなと思っていたけど、来週J3が再開する前に洗濯しますね。
来週はアウェイで琉球戦です。
頑張りましょう。

2017年4月17日月曜日

3位浮上vsガイナーレ鳥取

秋田3-1鳥取
無敗同士の対戦をホームで勝利!

強風で寒い試合
農繁期も重なってか客足が伸びず・・・
ハタハタダービー面白いのにねぇ。
久々に食べたスタジアムでホルモン煮込み美味かった・・・
ボリュームもあったし、満足。
今年はホームゲームの演出がレベル上がったよね。

監督となった森岡監督、でかくてかっこよかった。
(秋田に来てた山形GK摂津くんは超カッコ良かったみたい。あれはチートだわ。)

鳥取さんとしては秋田には相性が悪いと思っている方も居るかもしれません。
ですが、7年前だと、逆にうちらが鳥取とは相性が悪いと思っていたくらいで。
その頃は4点とか5点取られて鳥取さんにボッコボコにされてましたから。
いつか同じカテゴリになったら絶対に勝ちたいと思っていたチーム
対戦成績は、これでやっと7勝7敗のイーブンになったんじゃないですかね。
昨日は鳥取の良さをうちらが消したせいか、ここ数試合で炸裂していた高速カウンターがあまり見られず。
試合に出なかった河合がいないからなのだろうか?
でも、鳥取のカウンターはとても怖かったよ。

今年の秋田は本当に隙がないチームというか、特に良い点も悪い点もなく、余裕を持ってそつなくプレーしている感じ。
去年はシーズン序盤でも結構慌てたシーン多く、なんとか勝った試合もあったと記憶しているけど、今年は違うね。
杉山さんの指導が良いせいかな。
チームの躍進と躍動に支えられてます。
本当にありがたい。

最後の1失点はもったいなかった。
でも1失点を悔やむだけの余裕があるいまのチーム状況は凄い・・・

試合後の順位表確認が楽しくて楽しくて。
頂上を意識しながら応援できる楽しさを覚えてしまった。

チームは1試合少ないながらも3位に浮上
来週は天皇杯1回戦→4/30アウェイ琉球戦→5/7ホーム藤枝戦と続きます。
5/7藤枝戦は八橋陸上競技場なので間違えないように!

2017年4月15日土曜日

竿燈ダービーへ

天皇杯秋田県予選を終えて、今週末はJ3リーグ再開です。
相手は今季絶好調のガイナーレ鳥取

鳥取とはJFLのときから結構戦っているので、かなりのライバル意識はあるし、それだけに楽しみな対戦でもある。
両県ハタハタが有名なので、ハタハタダービーでもいいし、日本海ダービー(その1)とかいろいろあるけど、
個人的に数年前から提唱しているのが「竿燈ダービー」
秋田の夏の風物詩、竿燈に研修の一環として参加した自衛隊米子駐屯地が持ち帰って勝手に披露したことが本家の竿燈会から抗議を受けたという、いざこざがあったことに由来する。
もともと、ガイナーレは米子から始まったチームだし、どちらが本当の竿燈かをかけた試合ということで盛り上がるのではないだろうか(笑)

その鳥取は今年、ボールを奪ったら縦にすばやい攻撃をしかけるスタイルで好調だ。
気を抜くと、カウンターの餌食になりそう。
元日本代表DFの森岡が指揮する若いチームを警戒しないと。

さて、秋田はというと、昨日、東南アジア方面から選手を補強
杉山さんのツテかな?
山田樹(いつき)の獲得を発表した。
秋田でも存分に活躍して欲しいものだ。

4位と5位の直接対決になるこの試合、今シーズン屈指の好カード
勝ってさらに上へ!
難攻不落のAスタで応援よろしくお願いします。