2017年8月17日木曜日

J3リーグ再開!

さて、今週末にもJ3が再開になりますね。
今後の優勝争いの行方を考えてみた。

個人的には優勝勝ち点ラインは65以上と考えている。
うちは今後15試合あるのだが、優勝するには8勝3敗4分(勝ち点28)以上の成績が求められる。
勝利は8勝以上しないと優勝は遠のき、負けは今後5敗したらかなり厳しくなる。
優勝を争う富山と沼津の勢い次第のところもあるのだが、優勝勝ち点ラインが70以上なると相当なハイレベルな優勝争いになりそう。
ちなみに、現時点の最大勝ち点は秋田が82、富山が80、沼津が78、栃木が75、鹿児島が73、長野・北九州が72
鹿児島以下が2位以上になるには、もう全部勝つくらいの逆転劇がないと無理だと思います(あと勝ち点7~9くらい失うとアウトかな)。
秋田にとっては、もちろん上位チームに負けないことも大事だが、下位チームにはホームだろうがアウェイだろうがしっかり勝つという結果が求められる。
要は、半分より下のチームに確実に勝っていくことが大事。

うちは過去のデータみれば、伝統的に後半型のチームと言える。
2012年を例外として、勝ち点で前半戦を下回った後半戦はない。
ただ、今年に関しては前半戦の成績が良すぎるので、上回れないかもしれない。
後半型か前半型かというのは監督のクセもあるとは思う。
間瀬さんは後半に強くなるようなチームを目指していたと思う。
杉山監督はアルビレックス新潟シンガポール時代の成績をみると、割とバランスよく勝ち点を獲得している。
少なくとも、前半逃げ切り型のチーム作りはしていないと感じる。
毎試合、杉山さんなりの工夫を取り入れて、チームを変化させているので後半戦はその試みが花開いてくれることを期待している。

さて、新しく入った乾達郎選手について。
日本代表じゃない乾ってどこかで聞いたことあるなと思ったら、ジェフRにいた選手だった。
そういや、記憶にあるわ。
シンガポール時代には杉山監督と共に仕事をした。
どうやら、一番影響を受けた指導者が杉山監督らしい。
シンガポールでは去年4冠達成する等して主力中の主力として活躍
その結果が認められて、タイプレミアリーグのタイ・ホンダに完全移籍した。
今季は序盤スーパーサブとして出ていたようだが、ここ最近は契約を切られたのか全然出ていないようだった。
(このタイ・ホンダは去年2部だったのだが、序盤でいきなりムアントン相手に勝利していて凄い。今は残留争い中。)

おまけ。
後半戦のお休み週が来るチームの順番は次の通り。
(間違っていたらすいません)
YSCC→秋田→藤枝→C大阪U23→FC東京U23→相模原→鹿児島→鳥取→栃木→沼津→長野→盛岡→福島→富山→北九州→琉球→G大阪U23

2017年7月25日火曜日

今季初の連敗

秋田0-2沼津

今季初の連敗。
FC東京U-23戦からの嫌な流れを断ち切るチャンスでもあったが、断ち切れず。
連敗は避けたかったが。

ご存知のとおり、前日の土曜日から秋田県内は豪雨に襲われて、当日は試合が行われるか心配されたが、なんとか開催できるもよう。
沼津の選手もサポーターも着々と到着していたので、開催しないといけない状況ではあったのだが。

秋田市内や大曲は大雨で相当の被害があり、来たくても来れないサポーターが多かったので、是が非でも勝ちたかった。
ただ、試合ができることが一番の感謝。
多くのスタッフやボランティアさんがいないと開催ができないわけなので、開催できたことはすごいですよ。

試合前に後援会からなんと1400万円の寄付。
秋田は多くの熱い企業サポーターに支えられてると思う。

試合はというと、良い感じで進めた前半に点が取れず。
(というか、抑えるポイントを沼津の攻略されていた感がある。)
後半に致命的なミスから2失点。
沼津は前期のような攻めはせず、しっかり守って秋田のミスを待っていたようにも見えた。

まあ、この敗戦で完全に秋田は対戦相手のチームに研究されつくしているなというのがわかった。
もう後半戦は選手や戦い方を変えないと、首位はキープできないのは確実でしょう。
新しい戦術、新しい選手、怪我から復帰した選手、手駒をもっと増やさないといけない。

幸いにしてここで中断期間と1週間のお休み週が入ります。
ここでチームを後半戦仕様に建て直しだ!
前半戦を首位で折り返したという利点は事実なんだから、強気で応援するよ。

個人的には、いまだかつてない厳しい闘いの連続が続く後半戦が楽しみでしかたないです。
こういう状況が長く続けば絶対に盛り上がる。


2017年7月18日火曜日

ひさしぶりの敗戦

G大阪U23 2-1 秋田

負けた!
久しぶりに負けた!

3連休の初日の夜に試合ということで、「普通来るでしょ」って大阪が俺を呼んでいるような気がして、万博公園に行きました。
万博公園って道路が複雑でむずかしいね・・・
渋滞するし、バイパス下りる道間違えると大変なことになりそう。

この日は最高気温35℃
湿度もあり、蒸し暑く、ちょっと身の危険を感じる暑さだったけど。
4時過ぎには風も出てきて過ごしやすくなった。

万博の陸上競技場は来るの初めて。
ついこの間までここで、J1やらACLが開催されてたんだなと感慨深かった。
よくここで試合してたな、という意味で。
摂津の人は忍耐強い。

さて、試合というと、ゲーム最初の藤山の決定機を止めたところで勝負あったか。
このプレーでGK林くんに神が降りた。
度重なる好セーブで決定気を阻止。
でもって、うちのディフェンスも疲れのせいかザルで、玉際が弱い。
競り合いも取れない。
まあ、ボール取れたら最後までいけていた気はするが。
夏場らしく、落ち着かない試合展開。
1-0の状況でPKを獲得するも、なぜか古田が蹴るという判断に。
古田の甘いコースのシュートで林君難なく止める。
前半だけでも16本くらいのシュートを打っていたらしい。
2-0で前半折り返し。

後半は4点くらいとって逆転するぞって気持ちで疑いなかったけど、しっかりとディフェンスを整理してきたガンバに上手く守られたね。
決定機はあまり作れず、PKによる1点のみでゲーム終了

しっかりと決めるべきところを決めれば負けどころか勝てる試合だったと思うが、あそこまで相手GKが神になればこういう試合になっちゃうよねという。
この試合は素直にガンバの林君を褒めますよ。
これで秋田の連勝記録は止まるけど、いつかは止まることなので気持ちリセットだ。

この試合は秋田駅前で行われたベルギービールフェスタ会場内でPVが行われた。
盛り上がったようだ。
万博の現地にも、80人くらいかな?
秋田を応援しに来ていた人が沢山いた。
こんな西の地に、こんなにブラウブリッツ好きな人がいるんだなと関心した次第
応援自体も、追いつけ追い越せの秋田サポの気持ちを良く感じられた良い応援だったと思う。
純粋に、応援楽しかった。

夏場はどうしてもディフェンスがお互いゆるくなってくるので、攻撃力が重要になってくる。
次はしっかり決めてAスタで勝利を掴み取ろう。

これでJ3は前半戦が終了
攻守にバランスの取れた秋田が首位で折り返しだ。
後半戦は優勝に向けて本当に厳しい試合が続くだろうが、面白い試合が沢山観れそうだ。

さ、久しぶりに負けたんで、レプユニをしっかり洗濯しよう。
汗まみれでね、そろそろ洗いたいと思ってたとこなんだ。
さっぱりしよう。

2017年7月10日月曜日

灼熱のYSCC戦

秋田4-3YS横浜

試合当日の日曜日の天気予報は、曇りから雨に変わり最終的に晴れになった。
最高気温32℃の灼熱の快晴にな!
正直、ここまで暑い日に試合をやることは秋田にはあまりない。
選手達動けるかな?

対戦相手はYSCC。
この相手、毎年最下位なのだが、秋田は結構苦手としている相手だ。
たまに、驚くような試合で勝ち点を掻っ攫われるからだ。
2014年にはAスタで3-4で競り負けた記憶もあるし、間瀬元年にはホームで0-1で負けている。
前節は好調な琉球にも引き分けてるし。
簡単に勝てるとは思えなかった。

で、試合はというと前山のゴラッソで幸先良く先制。
ゴール裏も大喜び。
でもすぐさま大泉のゴラッソで同点に。
この時点でバカ試合になりそうな気はしていた。
前半にはポストに助けられる場面もあり。

ハーフタイムには水分が抜けすぎて頭がボーっとしてきた。
しかも、ゴール裏自販機はセキュリティ上の関係かガムテープを貼って使用禁止。
こ、ころすきかー!

後半は、前山のヘディングで2ゴール
立て続けに有薗、田中と得点してこの時点で4-2
この辺りは、うちのゴール前の迫力が良かったのと、YSCCのゴール前の弱さに助けられた印象
YSのゴールキーパーは個の能力ではウィフマンの方が上だと思うが、浅沼に変わってから失点は減ってるんだよね。

最後は4-3まで追い上げられるも、逃げ切り勝ち。
やっぱりYSCC強かった。

これでJ3無敗記録18試合負けなしで新記録、前半戦首位折り返しが確定

夏場の中盤戦が一番難しい季節だというのはわかった上で、正直、ふがいない部分を感じた。
ただ、去年までならこういう試合でせり負け、ずるずる行っていたはず。
今年は悪い内容なりに瀬戸際で耐えている。
これは確実にチームの実力ですからね!


次はアウェイでガンバ大阪U-23戦
アルヴェで開催されるベルギービールフェスタ会場にてパブリックビューイングも行われます。
みんなで観戦すると面白いよ。
みんなでブラウブリッツを応援しようよ。

2017年7月3日月曜日

苦しくも勝ち点1vsFC東京U23

FC東京U23 1-1 秋田

7月一発目の試合
6月の試合は苦しい試合も多いながらもしぶとく勝ち点を積んでいった。
上位陣との対決もホッと一安心と思いきや・・・
FC東京U23とのアウェイゲーム
うーーーーん、嫌な予感しかしねえ。
なんとか搾り出して「大丈夫でしょ」といっても説得力なし。

この試合はTBSのスーパーサッカーの取材も入っていた。
また、秋田ではZOTでPVも開催されており、注目された試合でした。
(ZOTも大盛り上がりだったようで何より。店の底が抜けなくて良かったね!)

幸い東京の雨は止んでいたが、蒸し暑い天気
6年ぶりの西が丘の臨場感はやはり格別だった。
6年前と違っていたのは、ゴール裏を染める頼もしい秋田サポの人数
推定300人
大きくなったなー

試合はというと、嫌な予感があたって、秋田の選手達の体が重い。
東京はユース主体ということでチームワークもあって、正直、強かった。
ボールへの出だしも全然違う。
前節沼津に大敗したせいか、気持ちが全然違うように思えた。
耐える時間が長い。。。

でも、流れ関係なく得点できるのが今の秋田の強さ
久富と代わって出た遊馬が、富山に続いて仕事した!
ゴール裏大盛り上がり!
最後のWe are Akitaで逃げ切れると思いきや、小澤のミスからの失点
最後に、最年少鎌田君がシュートするもそこで終了
勝ちきれなかったような、しぶとく勝ち点1拾ったのか微妙だ。

でも、今節は波乱の節で、上位6チーム中勝ったのは富山のみ。
正直、先制点がなかったら負けてたかもしれないゲームだった。
鬼門の東京で負けなかったのは良かったが・・・
内容も乏しかっただけに、勝ちが欲しかった。

これでJ3記録の17戦無敗は達成したものの、素直に喜べない。
ここが耐え時か。

次はホームでYSCC戦
選手たちは疲れているだろうが、徐々に本来の強さを取り戻していって欲しい。
ホームで絶対勝とう!

ブラウブリッツは今、凄い勢いで環境が変わっていっている。
人から見られる目も違ってきているが、選手達はサッカーだけに没頭して欲しい。

2017年6月26日月曜日

6月無敗vs相模原

秋田1-0相模原

魔の6月と恐れられた今月
もがいても、もがいても、ずっと勝てなかったこの月の成績は
3勝1分でフィニッシュ!
やほーーい

開場後に散水でゴール裏がびしょ濡れになるというハプニング発生
北風が強い日に、開場してから散水するバカがいるか!
まさに水を差された。

去年はゴールマウスに立っていなかった相模原の川口も見れて感無量だよ。
さすがに川口をいじるサポーターはいなかったw
オーラはやはり独特だよね。
PKでは田中がきっちり職人してくれたけど、川口の圧力ハンパない・・・と思っていた。

試合の内容はどっちが勝ってもおかしくなかった。
この6月はどのチームもコンディションが厳しいので、そこで試合をずっと落としてきたのがこれまでの秋田
今年は、コンディションが厳しいという前提でこの6月の戦い方をチョイスしたので結果がついてきたのかな。
6月中の試合はどの試合も内容では守備に追われた、しんどい試合。
勝負強いとしか言いようがない。

例年、この6月が最低のパフォーマンスなので、7月以降は調子が戻っていってくれるでしょう。

個人的にこの試合はとても疲れました。
体が痛いっす。

スタジアムも大事だけど、まずは優勝が第一目標
今週末でJ2ライセンスの申請期限だけど、どうなりますかね。
2010シーズンだかに、知事がシーズン終了報告会で「スタジアムがなくて昇格できないということは絶対にないようにする」って言ってくれたのをずっと信じてたんだけど、どうなりますかね。

今の成績を維持し・・・なんて甘いもんじゃないですよ、J3は。
ほんと、チャンスは2度もないと思ってJ3参入当初から色々やっておくべきだったと後悔してもね。
せめてここから全力でやり遂げよう。

我々は知事が仕事をしやすいような状況をうまく作ってあげれれば良い。

次はアウェイ戦
東京の西が丘でFC東京U23と対戦
秋田に幸せと勝ち点3持って帰るぞー

2017年6月23日金曜日

J2ライセンスがなくても

最近、県議会や市議会で新スタジアムやJ2ライセンスの話題が盛んです。
新スタジアムが竣工するまでは、県内施設の仮設席増設改修で対応できるか知事がJリーグと協議するとか。
まあ、それはそれで知事のやる気が垣間見えて素晴らしいです。
(たぶん無理だろう)

が、J2ライセンスがなくても、我々サポーターは優勝目指して応援するのみ。
チームが秋田の活性化を目指す理念は共有しているぞ、J3ライセンスでも。

さて、次の試合はAスタで相模原戦。
相模原は最近好調で、しばらく負けてないし、試合を重ねるごとに強くなっている印象
もしかしたら、結構、勢いあるかも。
相模原にはアウェイで勝ったことはないし、ホームでも苦戦している。
一昨年にはホーム最終戦で2-0から2-2に追いつかれたし、去年はロスタイムの劇的ゴールで勝ったものの、ヒヤヒヤものだった。

相模原には去年までブラウブリッツにいた呉大陸がいるが、出るかどうかは不明
正ゴールキーパーは元日本代表の川口の可能性が高い。
去年はゴールに立っている姿は見れなかったからね。

われ等がブラウブリッツは沼津戦で上位連戦を潜り抜けたが、ここで気を緩めることはできない。
ライバルチーム達が秋田を止めに、必死に研究している。
追われる身は疲れる。

もっと秋田を元気に!
サポーターも有形無形の応援で頑張ろう。

最後に、秋田県民全員で優勝を喜ぼう。
秋田のプロチーム初のリーグ優勝
絶対に秋田の活性化になるはずだ。

試合開始は14時で会場はAスタ!
残念ながら行けない方はテレビ中継もあるので、心一つに応援しよう。